小田原会場

十五夜、漢詩の吟詩と二胡の共演~小田原箱根、明治の漢詩を詠む~
9|24|祝・月|

事前申込制雨天開催

清閑亭の最初の主、黒田長成侯爵が得意とした漢詩。その珠玉の作品を紹介しつつ、明治時代の文人墨客、元勲山縣有朋や伊藤博文の漢詩の吟詠と中国語での朗詠を、月待ちを演出する二胡とのコラボレーションでお楽しみください。
出演:住田笛雄、横溝藍鵬、平陽、柳尚見

時間|15:30~19:00
会場|清閑亭(南町1-5-73)
参加費|2,500円 (食事付き)
定員|50名 (申込み先着順)
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・神奈川県漢詩連盟詩游会

 

政財界人の邸園めぐりと「小田原花街」グルメツアー
10|6|土|

事前申込制荒天中止

近代日本を築いた政財界人の邸園巡りと、小田原の花街・老舗料亭を巡る、タイムスリップツアーです。花街の仕組みを一から教えます。そして残された建築に込められた秘密も教えます!
<コース>小田原駅(集合)→なりわい交流館(映像)→料亭だるま→料亭清風楼(内部)→花街グルメ(昼食)→籠常(鰹節)→籠清(蒲鉾)→宮内大臣・田中光顕別邸(内部)→清閑亭(内部・小田原スイーツ・解散)

時間|10:00~15:30
集合場所|JR東日本小田原駅改札前集合
参加費|3,000円(花街グルメの昼食&小田原スイーツ付)
定員|40名(歩きやすい服装で参加してください)
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・小田原邸園文化ネットワーク

 

明治の元老山縣有朋と小田原
10|7|日|

事前申込制荒天中止

古稀庵の山縣有朋と側近、知己をつなぐまち歩き。
<コース>箱根板橋駅(集合)→大倉喜八郎の共壽亭跡、清浦奎吾の皆春荘跡→益田孝の掃雲台跡~室田義文・大島義昌別邸跡→清閑亭 (弁当)→西海子小路 (榎本武憲別邸跡)→小田原文学館 (旧田中光顕別邸)→松本剛吉別邸跡→小田原城二の丸 (御
用邸跡)にて解散

時間|10:00~14:30
集合場所|箱根登山鉄道・箱根板橋駅改札前
参加費|2,000円 (保険、資料、昼食代込み)
定員|40名(歩きやすい服装で参加してください)
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・小田原邸園文化ネットワーク

 

鉄道史でたどる、近代小田原の幕開けまち歩き
10|20|土|

事前申込制荒天中止

小田原馬車鉄道開業130年の今年。近代小田原の展開に多く影響した鉄道史を、まち歩きしながら紹介します。
<コース>小田原駅(集合)→閑院宮別邸跡→清閑亭(見学と昼食)→人社・軽便鉄道小田原駅跡→西海子小路別邸群→小田原城址公園解散

時間|10:00~14:00
集合場所|JR東日本小田原駅改札前
参加費|2,000円 (東華軒特別駅弁付き)
定員|40名
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・小田原邸園文化ネットワーク

 

清閑亭の十三夜 月夜の邸園ヨガ教室
10|21|日|

事前申込制荒天中止

宵の秋。黒田侯爵別邸の芝生のお庭でヨガ教室。「健康」は100年前の別邸ライフでも大きなモチベーションのひとつでした。今年の清閑亭十三夜は、月待ちヨガとまったりティータイムをお楽しみください。

時間|18:00~19:30
会場|清閑亭 (南町1-5-73)
参加費|2,000円(茶菓子付き、ヨガマットはご持参ください)
定員|20名
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・小田原邸園文化ネットワーク

 

小田原宿邸園めぐりと新・旧小田原みやげツアー
10|28|日|

事前申込制荒天中止

江戸時代、小田原宿の三大土産といえば「梅干・塩から・ういろう」でした。その老舗を紹介しながら、小田原市民が選んだ現代の「小田原セレクション」から、選りす
ぐりのお土産をつまんで歩く小田原満喫ツアーです。
<コース>JR東海道小田原駅(集合)→美濃屋吉兵衛商店(塩から)→なりわい交流館→伊勢屋(豆大福)→籠淸(かまぼこ)→小田原おでん本店(昼食)→旧松本剛吉別邸→欄干橋ちん里う(梅干し)→ういろう→種秀(小田原城最中)→清閑亭(ティータイム/片浦レモンサイダー)解散

時間|10:00~15:30
集合場所|JR東日本小田原駅改札前
参加費|3,500円(保険、資料、試食グルメ、昼食、喫茶込み)
定員|20名
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団

 

北原白秋のさんぽ道
11|3|祝・土|

事前申込制荒天中止

今年は、児童文芸誌『赤い鳥』が発刊されて100年の記念の年。「赤い鳥」や「からたちの花」など、小田原で数多くの童謡を作詩した北原白秋のさんぽ道を、ソプラノ歌手と歌いながらめぐります。
<コース>JR東海道小田原駅(集合)→北原白秋の散歩道(からたちの花の小径→みみづくの家跡伝肇寺)→ミニコンサート

時間|13:00~16:00
集合場所|JR東日本小田原駅改札前
出演|橋本京子
参加費|2,500円(保険、資料込み)
定員|25名
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・小田原邸園文化ネットワーク

 

元勲・山縣有朋の私設水道と邸園トレッキング
11|4|日|

事前申込制荒天中止

明治の元勲・山縣有朋にスポットを当て、晩年を過ごした古稀庵と私設水道「山縣水道と水源地」をたどるまち歩きです。
<コース>箱根登山線・小田急線「風祭」駅→荻窪用水、桜田墜道、山縣水源池→水之尾(尾根道より小田原市街の景色を望む)→松永記念館(老欅荘)・皆春荘跡・共壽亭跡→山縣有朋別邸古稀庵(庭園見学)→箱根登山線・小田急線箱根板橋駅解散

時間|13:00~16:00
集合場所|箱根登山鉄道・風祭駅改札前
参加費|1,500円(保険、資料代)
定員|40名(歩きやすい服装で参加してください)
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・小田原邸園文化ネットワーク

 

小田原「坂の上の雲」ツアーと秋山海軍カレーを楽しむ会
11|11|日|

事前申込制荒天中止

「坂の上の雲」の主人公秋山真之をはじめ、日露戦争にかかわった山縣有朋や大倉喜八郎など、多くの政財界人が別邸を構えた小田原。その別邸群を歩くことで、あなたの知らない近代日本史が見えてきます。
<コース>箱根板橋駅(集合)→山縣有朋・古稀庵庭園散策→秋山真之逝去の地・対潮閣跡→清閑亭(見学と解説、海軍カレーレシピによるランチ)解散

時間|10:00~13:30
集合場所|箱根登山鉄道・箱根板橋駅改札前
参加費|3,000円(保険、資料、秋山真之海軍カレー付き)
定員|40名
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・小田原邸園文化ネットワーク

 

もみじの名所・小田原邸園めぐり
11|25|日|・12|2|日|

事前申込制荒天中止

山縣有朋の古稀庵や皆春荘、松永記念館の老欅荘など、小田原の邸園でかつて開かれていた観楓会を再現し、紅葉の美しい邸園をめぐります。
<コース>箱根板橋駅(集合)→電力王の松永安左ヱ門別邸→大倉喜八郎の共寿亭跡→元勲山縣有朋別邸古稀庵の流水式邸園→益田孝の掃雲台跡→清閑亭(ティータイム)解散

時間|13:00~16:00
集合場所|箱根登山線・箱根板橋駅改札前
参加費|2,000円(保険、資料、茶菓子込み)
定員|60名
申込み&お問合せ|tel・fax:0465-22-2834 小田原邸園交流館 清閑亭
主催|NPO法人小田原まちづくり応援団・小田原邸園文化ネットワーク

 

小田原文学館特別展 創刊100年記念「民衆」展
10|13|土|~12|2|日|

当館の建物は、明治政府で宮内大臣などを務めた伯爵田中光顕の元別邸です。小田原出身・ゆかりの文学者の資料を展示する洋風の本館と、小田原で創作活動を行った北原白秋を紹介する和風の白秋童謡館はともに国登録有形文化財で、四季折々に美しい庭園には、小田原出身の私小説家尾崎一雄の旧宅の一部も移設されています。
小田原の詩人たちが中心となってつくられた詩雑誌「民衆」が創刊100年を迎えることを記念し、その軌跡を貴重な資料により紹介します。

時間|9:00~17:00 (入館は16:30まで) 担当学芸員による展示解説
   10/25(木)、11/3(祝・土)、12/2(日) 11:00~・13:30~
会場|小田原文学館本館
入館料|大人250円、小中学生100円(団体割引あり)
お問合せ|tel:0465-24-1055(小田原市立図書館)
主催|小田原邸園文化ネットワーク・小田原市立図書館

 

第18回 松永記念館茶会
11|3|祝・土|

茶湯の愛好家や市民グループなどによる和みのある茶会です。
趣きの異なる各席をお楽しみください(5席予定)。

時間|10:00~15:00
会場|松永記念館
席料|1席 500円 (予定)
お問合せ|tel:0465-23-1377(小田原市郷土文化館)
主催|小田原邸園文化ネットワーク・松永記念館

 

岡倉天心と「The Book of Tea」(茶の本)のお話、呈茶と内野邸見学
11|4|日|

事前申込制

岡倉天心は、東京美術学校(現東京藝術大学)初代校長、ボストン美術館初代中国・日本美術部長。1906年(明治39)滞米中に彼が上梓した英語本『茶の本』は、茶の湯を通して、米国人に日本文化・東洋文化の特質を紹介するものでした。欧米文化と対比して茶の湯を語るその切り口は、当時形成されつつあった日本の新たな茶人グループ、すなわち近代数寄者たちの意識とも共通するものだったように思われます。『茶の本』の時代性について、明治150年の今、改めて考えてみましょう。呈茶の後、明治36年造の登録有形文化財「内野邸」見学をします。

時間|13:00~16:00
会場|秋葉山量覚院本堂(小田原市板橋)、内野邸(小田原市板橋)
講演|神津朝夫氏(茶道史家、奈良県立大学ユーラシア研究センター客員研究員、著書多数)
参加費|3,000円(茶菓付き)
定員|50名
申込み|mail:basara_0215@yahoo.co.jp  tel・fax:045-336-1636
お問合せ|mobile:080-3202-5205
主催|白菴茶室研究会

 

山縣有朋の普請道楽のお話、呈茶と板橋まち歩き
10|20|土|

事前申込制

明治の元勲山縣有朋は、東京目白の「椿山荘」を本宅とし、京都南禅寺に「無鄰菴」、大磯に「小淘庵」、小田原に「古稀庵」「皆春荘」などの別荘を構えていた。山縣は、築庭を趣味として力を注いだので、その庭園は、近代日本庭園の傑作とも評されています。今回は、その庭園とともに在った山縣の住まいや茶室などに注目してお話しいただきます。
お話:岡山理香氏(東京都市大学准教授)
まち歩きガイド:主催塾会員(邸園(歴史的建造物)保全活用推進員(ヘリテージマネージャー))

時間|13:00~16:00
会場|秋葉山量覚院本堂(小田原市板橋)
参加費|3,000円(茶菓付き)
定員|50名
申込み|mail:kanagw_juku@yahoo.co.jp  tel・fax:045-336-1636
お問合せ|tel:070-4391-7528
主催|特定非営利活動法人神奈川まちづかい塾

 

第17回湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム
(仮)歴史的建造物を生かす自治体戦略

12|16|日|

事前申込制雨天開催

湘南エリアの歴史的建造物の保存活用に向けて活動している市民活動団体がネットワークして毎年おこなっているシンポジウムです。今年は「歴まち計画」やコンパクト
シティなどの都市戦略について議論したいと考えています。基調講演では、歴史を生かしたまちづくりの実践を踏まえたお話をしていただきます。
パネルディスカッションでは、後藤治氏をモデレーターに、パネリストを迎えて進めます。
※午前中は、小田原の邸園を見学します。

時間|10:00~16:30
   10:00~ 小田原邸園めぐり 
   13:30~ 基調講演とパネルディスカッション
   モデレーター:後藤治氏(工学院大学理事長)
   パネリスト:未定(詳細はお問合せください)
会場|小田原邸園交流館 清閑亭
参加費|邸園めぐり:1,200円  シンポジウム:3,000円
定員|40名
申込み|tel・fax:0465-22-2834
お問合せ|小田原邸園交流館 清閑亭
主催|湘南邸宅文化ネットワーク協議会・NPO法人小田原まちづくり応援団

 

上記催しの詳細は、湘南邸園文化祭2018ガイドブックの6~9ページをご覧ください。